A@ReportのTOPに戻る   
A@のTOPに戻る   



新宿書店秋葉原支店 ミニレポート


先日秋葉原をぶらりとしたら「新宿書店秋葉原店2月11日開店」という看板を見つけた。
新宿書店の秋葉原店といえばその昔鳴り物入りで登場したのに、いつの間にやら閉店してしまった過去がある。つまり今回は秋葉原リベンジというわけですな。

そんなわけでちょっと覗いてみた。




まあ、今や秋葉原ではなんてことはない内容だけど…
新宿書店秋葉原支店入口。
営業時間は午前10時から午後10時。


旧新宿書店秋葉原店があった通り。
結構裏道だったので見つけにくかったかもしれない。


まあ、早速中に入店する。美少女エロコミックに同人誌と同人ソフト、傍から見たら結構びびってしまう書店ではあるが、いまやマニアックシティと成り果ててしまった秋葉原ではよくありふれた内容で驚くこともない。

私自身1,2日前に開店を店頭にて知ってびっくりしたぐらい、まだまだ開店を知っている人も少ないのだろう、客は私以外誰もいない。うう、なんか気まずいなぁ…

店内は昔の秋葉原店よりは少し小さいかなというぐらい。揃えてあるものもいたって秋葉原では普通。というかそんな環境に慣らされている私のほうがなんかいやだ。

さて、これらの秋葉原にあるマニア系書店はとらのあな等に代表される同人誌を中心としたものと、たちばな書店のような商業誌を中心とした書店に分かれる。もっとも今ではその境目がつきにくいほど、どちらにも力を入れるような書店が多くなっているが…
ちなみに、新宿書店は典型的な後者の店で、かなり美少女コミックに力を入れた書店となっている。

同人誌の方もかなり個性的なものがそろっていて、やたら実写系のコスプレCD−ROMが多いのが目についた。しかし何でこんなに多いの?

しかし、やたら宣伝や広告が目立つようになった秋葉原の書店にこのようないやにシンプルな書店が出来ると、なんというかある意味ホッとする。同人誌即売会カタログもこういうところのほうがなんか買いやすいし・・・

というのも、個人的にいままで、なぜか同人誌カタログを買うのは新宿書店上野店が多かったりするのだ。まあ、あんまり関係ない話だけど。


A@ReportのTOPに戻る
A@のTOPに戻る